仮想通貨!税金はどうなる?稼いでもばれない?

仮想通貨!税金はどうなる?稼いでもばれない? 仮想・暗号通貨

近年ブームとなっている仮想通貨。

しかしまだまだ知らない事がたくさんあります。

税金はどうなるのか気になっている人、仮想通貨で稼いでも会社にバレないか気になっている人。

そういった方は今回の記事は参考になると思います。

仮想通貨取引にかかる税金は確定申告が必要!?

仮想通貨取引にかかる税金は確定申告が必要!?

仮想通貨取引にかかる税金は確定申告が必要なのか気になってる方は多いと思います。

まずは、この問題から解説していきます。

仮想通貨の所得とは!?

仮想通貨の取引の税金に対して国税庁からの公表が以前までは一切ありませんでした。

しかし、2017年にタックスアンサーによって仮想通貨の所得は原則、「雑所得」と公表されました。

しかし、このタックスアンサーとは国税庁の「公式見解」で合って100%正しいものではありません。

税金はあくまで法律によって決められます。

確定申告は必要なのか!?

雑所得に区分する場合は、1年間の仮想通貨による所得が20万円以下で、かつ給与所得だけで他に所得がない場合は、確定申告をする必要がありません。

つまり簡単にいうとサラリーマンの方で、他に副業などの収入がなく給料以外には、仮想通貨で稼いだ利益が20万円以下なら確定申告はしなくても良いという事です。

ただし、厳密には医療費控除や住宅ローン控除は何か別の理由で確定申告をする必要がある場合は、利益が20万円以下であっても、雑所得として計上しなければいけません。

しかし実務上は、雑所得が20万円以下なら、他の理由で確定申告をしても、突っ込まれる事はありません。

仮想通貨の利益は、いつ発生したと考えるのか!?

タックスアンサーによると、「ビットコインを使用する事で生じた利益は、所得税の課税対象」と書かれているので、使用した時に利益を認識します。

ではこの「使用」という言葉はどこまで含むのか気になりますよね?

それに対する答えは、国税庁の個人課税情報に公表されました。

その内容が、仮想通貨の売却、仮想通貨での商品の購入、仮想通貨と仮想通貨の交換が例示されています。

この他にも、誰かに報酬や給料を仮想通貨で支払った場合も、当然、使用に該当します。

また、仮想通貨の売買や使用の際の利益と損失は、1年間通じて合算し計算するので、同じ所得区分であれば、他の利益と損失を相殺する事が出来ます。

仮想通貨で投資しても会社にはバレない!?

仮想通貨で投資しても会社にはバレない!?

上記では、仮想通貨の取引は確定申告をしなければいけないのかをご説明しました。

会社が副業を禁止しているパターンは日本でも多いですよね。

最近は副業可能な企業も増えてきましたが、まだまだ日本は副業が禁止な会社が多いです。

こういった問題も分かりやすく解説していきます。

会社員が仮想通貨投資をしたら会社にバレるのか!?

会社が副業を禁止している場合でも副業をして稼いでいるのかは会社側に知られたくないですよね?

副業している事が会社にバレる原因は「住民税」にあります。

住民税は確定申告をもとに、市町村が納めるべき金額を計算します。

住民税の支払い方法は2種類ある!

住民税を支払いする方法は2つあります。

自分で支払いを行う「普通徴収」と会社の給料にかかる住民税と合算して支払う「特別徴収」の2つがあります。

普通徴収の場合だと、確定申告をした年の6月に納付書が自宅にい届きます。

特別徴収の場合だと、その年の6月から会社の給料から住民税が天引きされます。

つまり、副業をしている事が会社に知られるのは、確定申告の際に、「特別徴収」を選択すると、副業分を含めた所得に対する住民税額を市町村の役所が会社に通知するからバレるのです。

会社にバレずに仮想通貨投資をする方法

上記では、副業がバレる原因は住民税について特別徴収を選択した場合に会社にバレると解説しました。

では、副業禁止の会社でも仮想通貨投資をする事を会社にバレないようにする為には、確定申告の際に住民税の徴収方法の選択を、

「自分で納付」にチェックをし「普通徴収」を選択する事で会社に仮想通貨で投資をする事はバレません。

もちろん仮想通貨の投資以外の副業も会社にバレる事はありません。

住民税の納付方法

では、確定申告をする際に、住民税の徴収選択で、自分に納付にチェックすると、その年の6月に自宅にハガキが届きます。

住民税は、一括で納付をするのか4回に分けて納付をするのか選択出来ます。

住民税の納付は、指定された金融機関かコンビニエンスストアで納付する事が出来ます。

また地域によってはクレジットカードで納付に対応している地域もあります。

詳しくは、自分のお住いの市町村にご確認下さい。

仮想通貨投資をするなら会社にバレずにやろう!

会社が副業を禁止していても、上記で説明した通り会社にバレずに仮想通貨投資をする事が出来ます。

今後は、会社も副業を可能にするところも増えてくると思います。

しかし残念ながら今は副業をしてはいけない会社が多いです。

それでも仮想通貨投資や副業をしたい方はこういった抜け道を辿り会社にバレないようにしましょう。

↓↓↓ネットビジネス稼ぎやすいランキングはこちら↓↓↓

ネットビジネス詐欺被害の特徴 1つでも該当したら情報商材詐欺の可能性が高いです。すぐにご相談しましょう。 簡単に儲かると書いていたが全然儲からない情報を買ってしまった。 毎月◯◯万円儲かる情報と書いていたが入金...
タイトルとURLをコピーしました