仮想通貨とは!?初心者でも理解できるように解説!

仮想通貨とは!?初心者でも理解できるように解説! 仮想・暗号通貨

今回は、仮想通貨について徹底的に解説していきます。

仮想通貨のでも有名な通貨、「ビットコイン」はみなさんも聞いた事はあるのではないでしょうか?

今回は仮想通貨の事を全く分からない方でも分かる様に解説していきます。

仮想通貨とは!?

仮想通貨とは!?

仮想通貨とは、簡単に説明すると「インターネット上でならどこでも誰でも使える通貨」です。

近年では、仮想通貨は投資対象としてみられる事が多く「暗号資産」とも言われております。

仮想通貨は、ブロックチェーンや電子署名といった暗号技術の組み合わせでインターネット上に存在しているもので、現金の様に実物を手にとって決済するという事はありません。

仮想通貨の特徴

仮想通貨は、現在日本政府によって、資金決済に関する法律の第2条5項において定義されています。

簡単にまとめると、電子情報処理いよって受け渡しが出来る「財産的価値」の事を仮想通貨の特徴です。

また円やドルなどの法定通貨は政府が発行していて管理者は政府(中央政権)ですが、仮想通貨はブロックチェーンなどの技術を使っているので管理者はいません。

というよりは仮想通貨を持っている人は全員が管理者になります。

仮想通貨のメリット

仮想通貨は投資や資産運用として用いることが出来ます。

仮想通貨は仮想通貨を欲しいと思う人が増えれば需要が増え、仮想通貨の価値が増えれば仮想通貨の価値が上がります。

近年は仮想通貨バブルと呼ばれるぐらい仮想通貨の需要があるので今後投資や資産運用の面としても高い期待値が寄せられています。

また仮想通貨は法定通貨と比べ送金を早く、安く、いつでも行うことが出来ます。

仮に海外の友達から仮想通貨を夜中の2時に送って欲しいと頼まれてもすぐに対応する事が出来ます。

この様にインターネット上のお金である仮想通貨は、これまでのお金よりも早いスピードで手軽に送金が出来るのです。

また、先ほどもご説明しましたが、仮想通貨は国や政府が管理が管理をする事なく全員で管理する事が出来るので、国や政府を信頼しなくても良いというのもメリットになります。

仮想通貨のデメリット

仮想通貨のデメリットは電子機器最低限のITの知識が必要となります。

今の若い世代の人達はスマホを使う事が日常なので大丈夫なのですが、少し上お世代の人達はスマホやITに慣れていません。

スマホやITn知識がなければ、仮想通貨の売買や送金を行えません。

なので仮想通貨を利用出来る人が限定されてしまいます。

そういった面では、まだ法定通貨は老若男女扱えるので便利です。

また仮想通貨は取引所といった仮想通貨の銀行みたいなプラットフォームがあります。

取引所に預けている限りハッキングされる恐れがあります。

仮想通貨は現金とは違い、物質的な重さがないので盗まれる時は一気に盗まれてしまいます。

これが1番のデメリットなのですが、仮想通貨は価格変動が激しい為普段の買い物に使えません。

当然投資対象として見れば、ハイリスク、ハイリターンの投資商品にはなるのですが、価格が安定しない為、決算手段としてはまだ使いにくい性質です。

しかし、現在はFacebookが主体とした価格を安定させる仮想通貨を開発しているので、そう遠くない未来には買い物を仮想通貨で行う時代が来るかもしれませんね。

ブロックチェーンとは!?

ブロックチェーンとは!?

仮想通貨の知識を得るにあたってこのブロックチェーンの話をしなければ仮想通貨の知識は得る事が出来ません。

なので、ブロックチェーンとはどういったものなのかを簡単に解説していきます。

仮想通貨はブロックチェーンの技術で成り立っている

ブロックチェーンとは仮想通貨を支える中核を担っている技術です。

複数の取引のデータを集めたものを「ブロック」と呼びます。

このブロックが連なる様に保存されているものがブロックチェーンです。

そして、ブロックチェーンは公開されており、誰でも見る事が出来ます。

公開されているので、全員でお互いに監視し、管理しています。

こういった仕組みの技術があるので、中央機関に管理をさせなくても良いのです。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンの最大のメリットは、何度も言ってますが、

非中央政権のシステムを構築出来る事です。

またブロックチェーンは情報を中央でまとめて管理するのではなく、分散させて管理しているので情報の改ざんが出来ません。

つまり誰かが悪い事を考えていても全員で管理しているので悪い事は出来ません。

また、ブロックチェーンには中央管理者が存在しないので、ユーザー間の直接取引が可能になります。

ブロックチェーンのデメリット

ブロックチェーンのデメリットは、データ容量に制限がある事です。

ブロックチェーンのブロックは情報を記録するものなので、データ容量が決まっています。

そして、この容量を変更する事は、非常に困難です。

またブロックチェーンはシステムのアップデートが非常に難しいです。

これは、メリットでもある情報の改ざんが出来ないという事お裏返しでもあります。

ブロックチェーンは分散して管理されているので開発者でさえもシステムを変更することが困難です。

仮想通貨は将来性がある

上記では、仮想通貨の仕組みやブロックチェーンの重要性を解説しました。

仮想通貨はこれから、もっと私たちの身近な存在となってきます。

今は、投資の対象でしかほとんど使われていないですが、ブロックチェーンの技術が向上すれば、何年後かには仮想通貨での決済が当たり前になる時代が来るかもしれません。

仮想通貨の将来性はまだまだ計り知れません。

タイトルとURLをコピーしました