株式投資の税金とは?会社にバレない納税方法を徹底解説!

株式投資の税金とは?会社にバレない納税方法を徹底解説! 副業税金

株式投資っを始めたい時に、「税金がかかるのか?」「会社にバレないのか」を思っている方は多いと思います。

結論から言うと、株式投資で税金がかからない方法と、会社にバレない方法はあります!

さっそく、株式投資にかかる税金と、会社にバレない納税方法について見ていきましょう!

株式投資にかかる「税金」とは?

株式投資にかかる「税金」とは?

株式投資にかかる税金は、主に以下の2種類あります。

  • 株を売って得られた「値上がり益」にかかる「譲渡益課税
  • 企業から受け取る「配当金」にかかる「配当金課税

「譲渡益課税」と「配当課税」のどちらも税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5%)で、誰でも一律になっています。

株式投資にかかる税率は「だいたい20%」と覚えておくと良いと思います。

株の利益が年20万年以下なら所得税が免除されるかも…

給与を1ヵ所から受けている年収2000万円以下の会社員が年末調整を行なっていて、給与以外の所得が20万円以下の場合は、確定申告が不要となります。

なので、株の利益が年20万円以下だと、所得税(15.315%)は免除されます。

しかし、住民税(5%)の申告は必要になります。

勤め先への申告は不要!

株式投資で得た利益に対する課税は原則として「申告分離課税」です。

給与所得とは合計せずに分離して税金を計算します。

なので、年末調整の対象外なので、「株で〇〇円稼ぎました!」と勤め先の会社に申告する必要は一切ありません。

会社にバレない納税方法!確定申告をする必要はない!

会社にバレない納税方法!確定申告をする必要はない!

株で利益がでた場合は「税金」がかかり、原則として「確定申告」をして税金を払う必要があります。

しかし、株初心者の方なら「確定申告」は難しく、面倒だと感じる人も多いと思います。

そこでおすすめするのが、証券会社に税金を「源泉徴収」をしてもらう方法です。

この方法なら、確定申告をする必要がないので、とっても便利です。

確定申告をする必要がなくなる方法

どうすれば証券会社に税金を源泉徴収してもらうことができるのでしょうか?

証券会社に口座登録の申し込みをする際、入力フォームに「特定口座利用の申し込み」という項目があります。

その際、「特別口座・源泉あり」「特定口座・源泉なし」「一般口座」という3つの選択肢があるので、そこから別口座・源泉あり」を選択しましょう!

それだけで、株式投資で利益がでた場合、証券会社が税金を源泉徴収してくれるようになり、確定申告の必要がなくなります。

また、すでに「確定申告・源泉なし」や「一般口座」で証券口座を開設してしまった方でも、簡単な手続きをすれば「特定口座・源泉あり」に変更することができます!

20万円以上で会社にバレない方法

「一般口座」や「特定口座(源泉徴収なし)」を利用していて、年間20万円以上の利益が出た場合には、自分で確定申告をして納税する必要があります。

確定申告をするときは、確定申告書第二表「住民税に関する事項」の「給与所得・公的年金等に係る所得以外の住民税の徴収方法」で「自分で納付(普通徴収)」を必ず選択しましょう。

こうすることで、給付所得にかかる住民税は「給与天引き」、株の利益にかかる税金は「自分で納付」とわけて納めることができます。

給付所得にかかる住民税は「給与天引き」、株の利益にかかる税金は「自分で給付」と分けて納めることができるので、株をやっていることを会社にバレることはないです。

20万円以下で会社にバレない方法

「一般口座」「特定口座(源泉徴収なし)」を利用していて、利益が年間20万円以下であれば、確定申告の必要はないので、所得税はかからないです。

住民税はかかるので、市区町村役場に住民税申告をする必要があります。

その際に、確定申告のときと同じように、住民税の徴収方法で「自分で納付(普通徴収)」を必ず選択しましょう!

給付所得にかかる住民税は「給付天引き」、株の利益にかかる税金は「自分で納付」と分けて納めることができるので、株をやっていることを会社にバレることはないです!

株初心者におすすめ!株式投資で税金を払わずに済む『NISA』とは?

株初心者におすすめ!株式投資で税金を払わずに済む『NISA』とは?

上記では、株式投資で利益が出たら原則として税金を払わないといけないとお伝えしました。

しかし、いくら儲けても税金を払わずに済むがります。

それが、「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」を活用する方法です!

「NISA」とは、株や投資信託の売買益と配当金(分配金)にかかる税金が最長5年間ゼロになる制度のことです。

年間120万円(5年で600万円)の限度額内で投資をした場合、いくら儲けても非課税になり、とってもお得+確定申告の必要ありません。

NISAで何がお得になるの?

ここでは、NISAのことをわかりやすく紹介します。

NISAは商品を入れるカゴとイメージすれば分かりやすいので、カゴを例にします。

株を普通に買うと、買った株は特定口座や一般口座というカゴに入りますが、NISAを使って株を買うと、買った株はNISA口座というカゴの中に入ります。

このNISA口座というカゴに入れた株は、株価が値上がりして売った時に得られる差益や、配当金として受け取る利益に税金がかかりません。

また、特定口座や一般口座では、株を買う時も売る時も1回につき所定の手数料がかかりますが、NISA口座だとこの手数料が無料になる証券会社もあります!

株初心者におすすめなのはNISA!

「一般口座」「特定口座(源泉徴収なし)」「特定口座(源泉徴収あり)」のどれを利用しても、住民税の納め方に気をつければ、株式投資をやっていることを会社にバレないです。

ただ、確定申告や住民税申告などの手間暇を考えると、初心者の場合は「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」を選択するのがおすすめです!

↓↓↓ネットビジネス稼ぎやすいランキングはこちら↓↓↓

ネットビジネス詐欺被害の特徴 1つでも該当したら情報商材詐欺の可能性が高いです。すぐにご相談しましょう。 簡単に儲かると書いていたが全然儲からない情報を買ってしまった。 毎月◯◯万円儲かる情報と書いていたが入金...
タイトルとURLをコピーしました