FXの税金は?確定申告をする必要はあるの?

確定申告をする必要はあるの? FX

FX投資を始めている方や、これからFX投資を始めようとしている方に注意してほしいのは税金です。

FXでは株式投資など他の投資と同様に利益に対して税金が課せられています。

FXで得た利益を使いすぎ、税金が払えないと行った状況にならないためにもFXの税金を知っておく必要があると思います。

そこで、今回はFXの税金や確定申告についてご紹介します!

FXの税金は?どれくらいかかるの?

FXの税金は?どれくらいかかるの?

FXの税金は1月1日〜12月31日分の終了までの1年間に得た利益に対して課税されます。

1000万円を元手に100万円の利益が出た場合は100万円が課税の対象といった形です。

しかし、含み益(未決済のポジション)の場合は課税の対象外となります。

FX取引で得た利益は「先物取引に係る雑所得等」として申告分離課税の対象になります。

簡単に言えば他の所得とは別に税額を計算し、確定申告によって納税する必要があるということです。

FXの利益に課される3つの税金

FXの利益に課される税金は以下の3つあります。

  • 住民税:5%
  • 所得税:15%
  • 復興特別所得税:0.315%

FXでは1年間の取引で得た利益に対して住民税5%、所得税15%が課税されます。

住民税5%と所得税15%、復興特別所得税0.315%をすべて合わせた20.315%がFX取引の利益に課税される税金です。

FX取引で得た利益はすぐに使うことができますが、20.315%の税金は翌年に支払うこととなっています。

多くの利益を得たからと言って無駄遣いしてしまうと翌年の納税時に税金が支払えないということもあり得ます。

多額の利益を得た場合でも20.315%は税金として支払う必要があることを覚えておきましょう!

そもそも確定申告とは?

確定申告とは、1年間(前年の1月1日〜12月31日)の所得を計上し、そこから経費に相当する金額などを差し引いて納めるべき所得税額を求め、すでに源泉徴収で差し引かれている納税額との過不足を精算する作業のことを意味しています。

つまり、その年に支払うべき正当な納税額を確定させて、それを税務署に申告するわけです。

確定申告の受付期間は、毎年2月16日〜3月15日まで(土日に該当する場合は異なる)です。

この期間中に間に合わなかった場合は、期限後申告として取り扱われることになり、場合によっては納める税額に加えて無申告加算税が課されることがあります。

いくらから確定申告が必要なの?

いくらから確定申告が必要なの?

FX取引の税金は翌年に確定申告で納税する必要があります。

確定申告の際はFX取引に関係する経費が必要経費として認められるため、利益から経費を差し引いた額が課税の対象額となります。

認められる経費については売買手数料や振込手数料、パソコンの購入費用の一部、書籍代、セミナー参加費などです。

最終的にはFX取引の利益からこれらの経費を差し引いた金額の20.315%が納税金額となります。

しかし、中にはFX取引で利益を得ていても確定申告が必要な人もいるので、ご紹介します!

20万円以下の会社員

年収2000万円以下の会社員は給与所得・退職所得以外の収入(FXでの収入がこれに含まれる)が20万円以下の場合は確定申告が必要ないとされています。

これは、FX取引の利益自体が20万円を超えていない場合でも、給与や退職金以外の所得の合計が20万円以上ある場合は確定申告が必要となります(住民税については別途申告が必要)。

38万円以下の専業主婦や学生

扶養家族である専業主婦や学生の場合はFXの年間利益が所得税の基礎控除額である38万円以下であれば確定申告は原則必要ないです(ただし住民税については、33万円を超えると申告が必要となる)。

利益が38万円を超えると確定申告が必要な上、扶養家族からも外れるので注意が必要です。

損失が出ても税金を減らすことができる!?

損失が出ても税金を減らすことができる!?

FX取引では利益だけでなく、損失が出る場合も当然あります。

損失が出た年は利益が出ていないからと言って確定申告をしない人もいますが、もったいないです!

損失は3年間損益通算できる

実は損失分を確定申告することによって、翌年以降3年間に亘って損益通算が可能となります。

つまり、今年100万円の損失が出た場合、確定申告をしておけば翌年に100万円の利益が出たとしても差し引きゼロとなり、税金がかからないです!

もし、今年の分を確定申告をせず、損益通算ができない場合は100万円の利益には20.315%の税金がかかり、20万3150円の納税が必要となります。

自分でしっかりと確定申告をしよう!

株式などの取引では証券会社が納税関係のサポートを行う特定口座という制度があるが、残念ながらFX取引には存在しません。

脱税と疑われないためにもFX取引の場合は自分でしっかりと確定申告をする必要があります。

損失が出た場合でも3年間にわたり損益通算ができるなどメリットもあるため、対象となる人は忘れずに確定申告することをおすすめします!

また、確定申告の必要の有無や詳細な税額、対象経費などについては最寄りの税務署または税理士に相談しましょう!

利益の有無に関わらず確定申告を!

F Xの所得にも税金がかかります。

確定申告は。一定以上の利益があった場合には必ず行わなければいけません。

また損失を出した場合でも、確定申告をしておくのが基本です。

FXの損失は3年間の繰越控除ができるので、確定申告をしておくと節税につながります!

本来なら支払わなくていい税金を課税されないように、必ず期日までに確定申告を済ませておきましょう!

↓↓↓ネットビジネス稼ぎやすいランキングはこちら↓↓↓

ネットビジネス詐欺被害の特徴 1つでも該当したら情報商材詐欺の可能性が高いです。すぐにご相談しましょう。 簡単に儲かると書いていたが全然儲からない情報を買ってしまった。 毎月◯◯万円儲かる情報と書いていたが入金...
タイトルとURLをコピーしました