不動産投資の基礎知識!不動産の仕組みや種類を解説!

不動産投資の基礎知識!不動産の仕組みや種類を解説! 不動産投資

今回は不動産投資についてご説明します。

そもそも不動産投資って何なのかどんな種類があるのでしょうか。

そこで、今回は不動産投資の仕組みや種類についてご紹介します!

不動産投資とは?

不動産投資とは?

不動産投資とは、マンションやアパートなどの不動産に投資する事です。

不動産投資の投資対象は、マンション、アパートが一般的ですが、それ以外にも駐車場や戸建てなど投資対象はたくさんあります。

配当の違い

不動産投資でも様々な種類があり、当然何の投資をやるのかで配当の出方も変わってきます。

ワンルームマンションに投資するのか、マンション一棟に投資をするのかでも配当は変わってくるという事です。

今回の記事で自分の投資金額や自分がどんな不動産投資がやりたいのかしっかりと情報収集し、不動産投資をしましょう。

不動産投資の種類

最もポピュラーな不動産投資は、新築・中古のワンルームマンションです!

初心者でも比較的始めやすいというのがこの不動産投資の特徴です。

内容は、新築もしくは中古のマンションのワンルームを購入し、入居希望者に貸すことで毎月の賃貸収入を得るという方法です。

もし、不動産投資をやりたいと思っている方は、ワンルームマンションから始めた方が良いと思います。

また、首都圏では流動性が高い為、資金が必要な時に売却しやすいメリットがあります。

また不動産投資の中では物件の価格が安いというのも大きなメリットです。

デメリットは一棟購入に比べ大きなリターンが得れない、また収入の中から管理費や修繕積立費を支払わないといけないことがデメリットです。

駐車場やコインランドリーの経営

不動産投資には様々な投資方法があると先ほどご説明をさせて頂きました。

駐車場やコインランドリーの経営は、もともと所有していた土地の活用、また土地を借りて経営を行う方法です。

自分で土地を保有している方は駐車場の経営をやってみても良いと思います。立地によって経営が左右されるので土地の調査や認知してもらう為の広告費が必要になるのがデメリットです。

また他の投資に比べランニングコストが大きい分、投資回収に時間が掛かってしまうこともあります。

新築・中古のマンション、アパート一棟

先ほどのワンルームマンションと同様、新築もしくは中古のマンション、アパートを一棟購入し、各部屋を入居希望者に貸すことで毎月の賃貸収入を得るという方法です。

もちろん、入居者が多ければ多いほど稼げることは間違いなし!

しかし一棟購入する事は、膨大な金額が必要になる為、金融機関から融資を受けて購入することが、一般的にはほとんどです。

また空室になると借入金を返済することが難しくなることが最大のデメリットです。

新築・中古戸建て経営

新築や中古の戸建て住宅を購入し、入居希望者に貸して毎月の賃貸収入を得ることです。

基本的には、先ほどのマンションを購入することと同じような感じです。

また、マンションは一人暮らしの方が多く移住していますが戸建てはファミリー向けになっており、長期間の入居が期待できます。

その分毎月の家賃収入が安定して入ってくる可能性が高いです。

しかし、木造建築も多くマンションやアパートに比べると建物の老朽化が早く修繕費などのコストが多くかかってくるところがデメリットです。

REIT(リート)

REITとは、商業施設やオフィスビル、マンションなどの投資用不動産が、対象となる投資信託で、REITを購入することで間接的に不動産投資ができ、その分の配当を受け取ることが出来ます。

また、コストも他の不動産投資よりかは圧倒的に安くリスクも低いです。

基本的には数万円程度の資金から投資することができ、平均分配利回りは約3%〜4%程になります。価格変動に伴ったリスクはありますが、投資金額が他の不動産投資い比べ安価なので、オススメです。

自分に合った不動産投資を!!

今回、不動産投資とは何なのか、どういった種類があるのか、各種不動産投資のメリット、デメリットの基本的な部分をご説明させて頂きました。

不動産投資は、安定した資産運用ができ、生命保険の代わりにもなるのですごく魅力的な投資商品だと思います。

しかし、そういったメリットが大きい反面、デメリットも他の投資商品と比べると大きいものになってきます。

初期費用や維持管理コストがあったり様々な問題に対処しなければ、不動産投資で成功する事は難しいと思います。

自分の状況や投資金額と向き合い、事前の情報収集を行わなければいけません。

それをできれば、不動産投資という他の人では中々やることの出来ない大きな投資をやって成功を収めてほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました