写真素材でお小遣い稼ぎ?趣味をお金に変えるストックフォトサービス

お小遣い稼ぎ

写真を撮影してお金を稼ぐストックフォトサービスはご存知ですか?

今はプロ以外の素人でも50万円を稼いでいる人もいます。
5万円でもあれば嬉しいと思いますのでこの記事では素人でも無料で写真撮影を使い稼ぐ方法をお伝えしていきます。

ストックフォトサービスで稼ぐとはどういう意味?

ストックフォトサービスとは写真やイラスト等の画像素材をあらかじめ用意して利用者に提供(使用許可)するサービスで、雑誌やWEBサイトなどを使う時に適用される事が多いです。

構造
「①写真やイラストを求めている人②写真を撮影する人③仲介役サイト」

  • ②が撮影した写真を③に提供します
  • ①は③のサイトに画像を探しにいきます(サイトにもよるが有料版も無料版もある)
  • ③は②からもらった画像などを①に渡して②に報酬を渡します。

 

写真を撮影してお金に変える

現在はパソコンとインターネットを使えばストックフォトサービスに無料で登録して素人でも稼ぐことが可能になっています。

写真を売る場合は50%ぐらいが利益になります。
本格的にやることで写真を撮影することで利益を出すことができます。

有料の写真は需要があるのか?

今の時代は無料の素材サイトもあるので有料で売ることは難しいと思っている人も多いですが無料の素材サイトは意外に雑な写真が多くて有料を求めている企業も多いです。

なのでクオリティーの高いものを探すとなれば有料にするか個人にオーダーする形になります。
細かいニーズにも答えれるようにストックフォトサービスに掲載しておくと利益が出やすくなります。

実際に写真を撮影してお金を稼ぐ手順

今から実際に稼ぐ為にもまずは手順を知りましょう。

  1. 需要がある写真が何かを考える
  2. 実際に写真を撮影する
  3. ストックフォトサービスに登録する
  4. ストックフォトサービスに写真を掲載する
  5. 買い手がつく

ストックフォトサービスに登録して掲載しておけば、何もしなくても自動で稼ぐことも可能です。

ストックフォトサービスを紹介(無料)

ストックフォトサービスは1つではないので有名なサイトを紹介していきます。

「この中で1番は?」と思うかもしれませんが全部使いましょう。

同じ1枚の写真でもサイトによって売れる時もあれば反応がないこともあります。
「この写真は全部で反応がいい」と思えば同じような撮影方法にすれば利益も大幅に上がるのでテストにもなります。
反応を見る為にも利益を最大化する為にも複数サイトを使いましょう。

稼ぐ時に大事なのは能力ではない

稼ぐ為には技術がいると思うかもしれませんが実は能力よりも戦略の方が断然大事です。

数をこなすと技術レベルは上昇していくのでどのような写真が求められているかを考えてみましょう。

稼ぐ為の具体的なノウハウ伝授

 

実際に稼ぐ為の戦略は複数ありますができるだけ簡単で利益が出やすいものを紹介していきます。

全て使う必要はないので自分が1番やりやすいものを選んでみてください。

個人は一切意識しなくてもいい。狙うは企業(法人)

企業が自分の写真を買わないと思うかもしれませんが個人で動いている人は基本的に多くのお金を使えないので、無料の素材を使います。

なので初めから個人をイメージすると失敗しやすくなってしまします。

ターゲットを明確にして求めているものを提供

何も考えないで進めるよりもターゲットを考えイメージしていきましょう。
ターゲットを考える時は出来るだけ細かく決める方がいいので空想上で1人までターゲットを絞って下さい。

「1人にハマった時に同じような人が100人は最低でもいる」という考え方です。
ジャンルも絞っても大丈夫です。

後はマイナーでニッチなジャンルを狙うことで競争率が下がるので勝てる確率が上がります。
出来るだけユニークで他の人が撮らない写真を狙います。

人を撮影する時のポイント3選択

人を撮影する時はポイントがあります。
企業にもよりますが人感がある画像の方が好まれる傾向があるので人を出すことはとても大切なことです。

更に「人物+アルファー」を狙うことも大切です。

喜怒哀楽がある写真

無表情よりも笑っていたり泣いていたりする喜怒哀楽がはっきりしている画像の方が選ばれることが多いでしょう。

団結したような大人数の写真

単純に多くの人を集めるのは大変でコストもかかります。
大変で普通の人が面倒と思う画像ほど需要はあるよ言うことです。

ビフォーアフターの写真

ビフォーアフターがある方が人はわかりやすいと思い使ってくれることが多いです。

  • ダイエットで太っている写真から痩せた写真
  • 落ち込んでるところから笑顔になる写真
  • 失敗から成功

他と違いをつける2つの小技

 

プロに素人が細かい技術では勝てませんが、パッと見た時には同じに見えたり使い勝手がいい写真を撮影ことで使ってもらいやすくしましょう。

広告を入れるスペースを開ける

企業が写真を使う時は広告に使う事が多いので人の写真なら「半分は開ける」などお客様が困らないように考えて文字を入れる隙間を意識しましょう。

文字を入れる隙間がない事で違う写真を選ぶこともあるので意識していきましょう。

検索されやすいタイトルを意識する

ストックフォトサービスを使う時は検索をします。
そこで適当に決めてしまうと使われる前に見つけられません。

写真につける文字のタイトルやキーワードも厳選していきましょう。
検索されやすいワードがわからない場合はこちらのキーワードツールを使ってください。

グーグルアドワーズ

写真を撮影して稼ぐことは誰でも可能

写真を撮影して稼ぐことはプロだから出来ることではなく、稼ぎ方を知っていればできます。

技術ばかりを磨いても稼げませんが小手先のテクニックを使えば稼ぐことは可能です。
ただ長く持たないのである程度稼いだら更に様々なことを学び、経験をして利益を最大化していきましょう。

↓↓↓安定な稼ぎ方!大人気のせどりとは?↓↓↓

amazonせどりとは?やり方やはじめにするべき事は?
今回は、amazonせどりについて詳しく解説していきます。 今や、副業は日本でも馴染みのある時代になってきました。 しかし、海外に比べるとまだ副業は定着していないのが日本の現状です。 せどりを始めたいが、どうすれば良いか分...
タイトルとURLをコピーしました