Winsor Master(ウィンザーマスター)とは?ハイプ案件を徹底解説!

ハイプ案件

Winsor Master(ウィンザーマスター)っていうハイプ案件を知っていますか?

今回は、Winsor Master(ウィンザーマスター)の内容や仕組みについて詳しくご紹介します!

Winsor Master(ウィンザーマスター)とは?

Winsor Master(ウィンザーマスター)とは?

Winsor Master(ウィンザーマスター)とは、金融投資のプラットフォームとなるサービス名称を意味します。

Winsor Master(ウィンザーマスター)は、元々ユーリンショウ社長が立ち上げた「CIF」が起源です。

CIFは、カンボジア政府の国策事業を行なったり、銀行業や不動産業を行なっていました。
もちろん、仮想通貨についても、事業を行なってました。

そして、CIFから昨年5月にリュウヤン社長が立ち上げた「YouBank」に吸収合併され、「資金ロックがない」ということで爆発的にユーザーを増やしていき、2019年最大の案件になりました。

Winsor Master(ウィンザーマスター)の概要

Winsor Master(ウィンザーマスター)の概要

Winsor Master(ウィンザーマスター)の概要は以下のようになっています。

  • Winsor Investment Groupの組織内
  • 100年の歴史がある金融グループ
  • イギリスにて設立
  • 世界トップレベルのブロックチェーン技術
  • 金融投資プラットフォームを提供(Winsor Master)
  • 経験豊富なシンクタンク(諸分野に関する立案・提言を業務とする研究機関)と提携
  • 50名以上のコンサルタントと提携
  • 2020年4月米国の金融庁ライセンス取得(MSB)

ブロックチェーン技術の可能性

これまでの金融の歴史は、

  • 現物資産
  • 仮想資産
  • 暗号通貨デジタル資産

テクノロジーの進歩により資産の保管方法・取引方法は変化してきました。

今後は大切な資産をブロックチェーンにより「管理・取引」されるデジタル金融時代になると考えらえています。

Winsor Master(ウィンザーマスター)の現代の課題

Winsor Master(ウィンザーマスター)の概要

しかし時代の変わり目という事もあり、現在発生している問題は、

  1. 新旧資産同士の互換性がない
  2. 異なる金融商品同士に連動性がない
  3. 中央集権型の課題
  4. ユーザーの金融/投資に対するリテラシー

など、さまざまな側面においてまだまだ問題・課題がたくさんあると考えられています。

そこでウィンザーマスターグループが提供するブロックチェーン技術は、既存の課題・問題を解決するサービスを行えると考えています。

トークン・Winsor Master

トークン・Winsor Master

トークン概要は以下のようになっています。

  • シンボル:WBトークン
  • 発行枚数:100億枚
  • 投資額の1/10が発行
  • 購入不可

トークンの利用シーン

トークン利用シーンは以下のようになっています。

  1. 企業アプリサービス
  2. ユーザー消費
  3. WSデジタルプラットフォーム
  4. WSスマート金融投資プラットフォーム
  5. WS P2Pのプラットフォーム
  6. WSソーシャルプラットフォーム
  7. WSウォレット
  8. WSモバイルアプリ

主にWinsor Master(ウィンザーマスター)が提供するプラットフォームにおいて、独自(WS)トークンを利用することでトークン価値が上昇する仕組みになっています。

Winsor Master(ウィンザーマスター)の将来性

Winsor Master(ウィンザーマスター)の今後の計画

  • 2020年1月~3月:アジア市場にて開始
  • 2020年4月~6月:世界の金融ユーザーへ拡大
  • 2020年7月~9月:WSグローバル金融システムの完成
  • 2020年10月~12月:WSウォレットの公開
  • 2021年1月~3月:世界の主要取引所または金融機関と提携

超大型案件Winsor Master(ウィンザーマスター)

MunicsBankの方は、資金をロックして運用する一般的な方針をとっており、ユーリンショウ氏、リュウヤン氏の元々の方針とはあっておりません。

さらに配当の3割は本来はショッピングモールで使えるはずなのですが、元YouBankのメンバーには、その機能が開放されていません。

そういった諸事情があり、ユーリンショウ氏が、今回新たに器を作ることになりました。

それが、「Winsor Master(ウィンザーマスター)」です!

Winsor Master(ウィンザーマスター)の投資概要

Winsor Master(ウィンザーマスター)の投資概要

Winsor Master(ウィンザーマスター)の収益・報酬の概要は以下のようになっています。

  1. 投資で得れる収益
  2. シェア報酬
  3. コミュニティ報酬
  4. グローバル報酬
  5. エコシステム報酬
  6. 償還メカニズム

Winsor Master(ウィンザーマスター)の運用プラン

Winsor Master(ウィンザーマスター)の運用プラン

Winsor Master(ウィンザーマスター)の投資概要は以下のようにあります。

  1. 100ドル~4,999ドル(レベル3まで)
  2. 5,00ドル~9,999ドル(レベル7まで)
  3. 10,000ドル~(レベル12まで)

※運用資金のロック期間なし

※ご自身の投資額によって得られる獲得可能な階層が異なります。

Winsor Master投資解除手数料

  • 即日の場合:6%
  • 3営業日後:4%
  • 7営業日後:2%
  • 15営業日後:1%

投資・運用で得られる収益

Winsor Master(ウィンザーマスター)の毎月の収益:5%〜20%

世界の株価指数・コモディティ・デジタル通貨など主流市場の影響を受け、収益率は前後します。

Winsor Master(ウィンザーマスター)の紹介ボーナス

Winsor Master(ウィンザーマスター)の紹介ボーナス

Winsor Master(ウィンザーマスター)の紹介報酬の条件は以下のようになります。

  • 紹介人数1名:レベル1収益の100%
  • 紹介人数2名:レベル1収益の100%/レベル2~4収益の10%
  • 紹介人数3名:レベル1運用の100%/レベル2~6収益の10%
  • 紹介人数4名:レベル1運用の100%/レベル2~8収益の10%
  • 紹介人数5名:レベル1運用の100%/レベル2~10収益の10%
  • 紹介人数6名:レベル1運用の100%/レベル2~12収益の10%

怪しいハイプ案件に手を出すな!

Winsor Master(ウィンザーマスター)は、ユーバンク(YouBank)創立者であるユーリンショウ氏が立ち上げたプロジェクトであり、ユーバンクの後継アプリとして公開されました。

ユーリンショウ氏は、今後5年かけてアプリを完全な状態にしていくと声明を出しています。

しかし、現在ユーバンクは出金停止となっているので、Winsor Master(ウィンザーマスター)もユーバンクのように出金停止になる可能性は高いです。

元々の顧客をWinsor Master(ウィンザーマスター)に流して、また出金停止になると、ユーザーは大きな損をすることになるのでおすすめしません。

怪しいハイプ案件に投資するお金があるなら、地道にコツコツ新しいビジネスをしましょう!

→「確実にコツコツ稼げる仕事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました