スキルアップとは?キャリアップと何が違うの?

スキルアップとは?キャリアップと何が違うの? スキルアップ

「スキルアップしたいという!」ビジネスパーソンや、「社員をスキルアップさせたい!」と考えの企業の育成担当は多いのではないでしょうか。

なので、今回はスキルアップの意味や詳細についてご紹介します!

スキルアップとは?

スキルアップとは?

スキルアップとは訓練を通して自分の持つ能力を向上させることを指します。

ここではスキルの意味や、スキルアップとキャリアアップの違いについてご紹介します!

スキルとは?

スキルとは、一般的に訓練や学習などを通して身につけた能力を指します。

「技能」と同じ意味で使われるというと、イメージが湧きやすいと思います。

ビジネスシーンで語られるスキルアップの文脈で「スキル」を用いるケースは「ビジネススキル」とほぼ同義であると考えてもいいでしょう。

「ビジネススキル」とは、単に能力、技術といった狭い意味にとどまらず、「知識・経験・心理面でのマインド・保有資格」なども含めた広い意義でスキルを解釈します。

ビジネスシーンで求められるスキルは磨くことで社員の行動やアウトプットの質および量に影響を与えるものといった観点からも判断することができます!

スキルアップとキャリアアップの違い

キャリアアップはスキルアップと混合されやすい言葉です。

キャリアアップには「経歴・職種・地位を上げる」という言葉が含まれます。

なので、「今より上の役職への転職」「今より大きい規模の企業への転職」といった意味になりますが、スキルアップにはこのような意味は含まれません。

とくに「転職」に注目した場合、2つの言葉は大きく相違しています。

社員のスキルアップの方法

社員のスキルアップの方法

どのようにして「スキルアップ」をすればいいのでしょうか?

以下の2点の観点から見ていきましょう!

  • 人事施策として社員のスキルアップを図る方法
  • 個人でスキルアップを図る方法

スキルアップを図る方法

人事やマネージャーが会社として社員のスキルアップをサポートする方法は主に3つあります。

  • 研修・教育プログラムの拡充
  • 人事制度・サポート制度の拡充/見直し
  • 配置転換(異動、ジョブローテーションなど)

研修・教育プログラムの拡充

人材育成の柱でポピュラーなものの一つが研修です。

研修では人事部などが中心となってこれからの企業活動に必要な研修・教育プログラムを組み、人事施策として社員に対し半強制的にスキルアップの機会を与えます。

新入社員研修、管理職研修などはその代表例で、具体的な方法にはOJTとOff-JTの2種類があります。

それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、対象社員数や研修内容に応じて使い分けをするといいと思います!

人事制度・サポート制度の拡充/見直し

会社として社員をスキルアップさせるには、人事制度やサポート制度の拡充および見直しも効果的です。

会社の制度自体を変更、新たな制度を創設などを実施することで社員のスキルアップへのモチベーションをアップできます!

スキルアップにかかるコストを補助するなどを制度に盛り込めば、スキルアップをしっかりとサポートできると思います。

配置転換(異動、ジョブローテーションなど)

社員のスキルアップをバックアップするには、異動、ジョブローテーションといった配置転換も有効です。

職種や職場環境ごとに求められるスキルは異なりますが、つまり配置を変えるだけで今までとは違ったスキルを獲得できる可能性が生まれます。

職種ごとに必要なスキルを事前にまとめておけば、配置転換の検討材料になるので、よりスムーズにことが進むでしょう。

ただし、新しい職場環境に対応するのはリスクも伴います。

配置転換先の業務に対する得手不得手、職場の人間関係といった問題に直面した場合、配置転換が必ずしもスキルアップにつながらないといった懸念もあるでしょう。

↓↓↓社会人に求められるスキルアップ習慣についてはこちら↓↓↓

社会人に求められるビジネススキルとは?スキルアップするために実施すべき習慣
社会人でスキルアップの重要性を感じている人は少なくありません。 スキルアップして仕事に余裕ができれば、新しい仕事にチャレンジする機会が生まれ、さらなるスキルアップを目指すことができるでしょう! なので、今回は社会人に求められるビ...

個人でスキルアップする方法とは?

個人でスキルアップする方法とは?

上記では人事施策として社員のスキルアップを図る方法についてご紹介しましたが、個人でのスキルアップ方法を知りたい人もいると思います。

個人でスキルアップする方法

個人でスキルアップするための方法はいくつかありますが、その中でも主な個人でのスキルアップの方法についてご紹介します!

資格取得

個人がスキルアップする方法のひとつは、資格取得です。

国家資格や民間資格を問わず、資格取得を目指したりテキストによる独学や通学の訓練を行ったりします。

資格の分野は多岐にわたりますが、特に宅地建物取引士、社会保険労務士など業務に関連もしくは直結する資格、語学やITスキル関係、簿記検定や税理士といった会計系の資格が人気を集めています。

外部の教育機関(スクール通学、通信教育など)

個人のスキルアップには、学校への通学や通信教育口座の受講なども有効です。

資格取得だけでなく、ハローワークなどでも行われている職業訓練といった技能や知識の取得を合わせれば、その種類は多岐にわたります。

各種セミナー・ワークショップ

特定のテーマを取り扱うセミナーなどで知識を得る方法もあります。

こういったものには、様々なパターンがあるので有料化無料かを確認した上で参加してみるといいでしょう。

スキルアップを目指しましょう!

訓練を通して自分の持つ能力を向上させる、すなわちスキルアップは個人の成長だけでなく所属するチームや組織、さらには会社全体を大きく変革させる力を持っています。

社員一人一人が資格取得、セミナーへの参加、外部の教育機関の利用や副業など、様々なツールを生かしてスキルアップを目指しましょう!

 ↓↓↓ネットビジネス稼ぎやすいランキングはこちら↓↓↓

ネットビジネス詐欺被害の特徴 1つでも該当したら情報商材詐欺の可能性が高いです。すぐにご相談しましょう。 簡単に儲かると書いていたが全然儲からない情報を買ってしまった。 毎月◯◯万円儲かる情報と書いていたが入金...
タイトルとURLをコピーしました